Read a complete history of Knee High Media written by Lee Basford.

ニーハイメディアの歴史について書かれた記事です。 こちらのPDFをご覧ください。

日本語 (PDF) or ENGLISH (PDF) or
CHINESE (PDF)

Knee High Media was founded in 1996 by Lucas Badtke-Berkow. The company has been the brain and creative mechanism behind some of Japan and the world’s most innovative and influential magazines: Japanese culture magazine TOKION (1996), kid’s magazine MAMMOTH (2000), travel magazine PAPERSKY (2002), free paper METRO MIN (2002) and botanical magazines PLANTED & PLANTS + TV (2009). Besides creating unique magazines Knee High Creative also edits and produces websites shops, clothing, events, advertising and branding.

ニーハイメディア・ジャパンは、1996年にルーカス・バデキ・バルコが設立。カルチャー誌『TOKION』を経て、現在、トラベル・ライフ・スタイル誌『PAPERSKY』、キッズ誌『mammoth』を発行。『metro min.』や『PLANTED』の創刊等、他社メディアのクリエイティブも手がけている。また、植物をテーマにしたwebTV『plants+」やファミリー向け野外フェスティバル「mammoth pow-wow」のイベントプロデュース等、幅広く活動している。